プロペシアの注意点

また、プロペシアを服用するにあたっていくつか注意点もあります。

 

まず、医師の処方を必要としますが、未成年の方については安全性やその他の理由などから購入できないことになっています。

 

どうしてもということで、個人輸入代行を使って入手する方もいますが、絶対に止めましょう。

 

女性の方もプロペシアは服用できません。妊娠している女性や妊娠を望んでいる女性、授乳中の方は特に、プロペシアの成分フィナステリドがじかに皮膚に触れないよう気をつけなければなりません。

 

なぜなら、女性の身体にもあるDHTは妊娠して男の子を身ごもったときに、生殖器を形成するのに使われるからです。

 

フィナステリドによってDHTに影響が及んだとき、性器に異常のある男子が生まれる可能性があります。

 

もちろん、プロペシアの錠剤は表面がきちんとコーティングされていますから、ふつうに手を触れるぐらいでは皮膚に吸収されることはないのですが、万が一踏み潰してしまったとかあるいは他の薬と間違えて飲んでしまったということのないように、家族の方も本人も、取り扱いには細心の注意を払うべきです。

 

授乳中の女性については、母乳を通して乳児に影響が出る可能性がゼロとは言い切れないためです。

 

また、血液を通して妊婦さんに影響を与える恐れありとの理由から、プロペシアを服用している方は、献血もできないことになっています。献血をするには、一ヶ月の休薬期間を置かなければなりません。

偽物にご注意!管理人はここでプロペシアを購入しています



プロペシアに限らず、海外の医薬品を個人輸入する際には、偽物に注意する必要があります。
他に比べて価格が安いものや、日本語の表記があるものは避けた方が無難と言えます。


当サイトでは、個人輸入代行業者の大手で、信頼のおけるオオサカ堂での購入をオススメしています。


このプロペシアは、アメリカ向けに製造されたプロペシアで、成分検査なども定期的に実施されているので安心です。


 プロペシアの購入はこちらから

プロペシアを服用する際の注意点関連ページ

プロペシアの副作用|このような場合は服用を中止しましょう
プロペシアの副作用について
プロペシアの主な副作用
プロペシアの副作用について