このような場合は服用を中止しましょう

そのほかにも、おこるかもしれない副作用としては、腹痛や頭痛、胃の不快感などがあげられます。

 

おこる確率は、性機能関連の副作用よりかなり低いものといわれています。

 

また、症状もごく軽く、日常生活には差し支えない程度です。ただ、これについても個人差がありますから、気になる場合は服用を中止してください。

 

服用を止めれば体調は元に戻ります。それから、国内で唯一プロペシアの販売権を持っている萬有製薬社の発表によると、プロペシアを服用することできわめて稀ではあるけれども肝機能障害がおこる場合があるということです。

 

一般的には、どんな薬であっても身体の悪い部分に有効成分が働く一方で、胃腸や肝臓など他の臓器には負担をかけているものです。

 

プロペシアもそうです。肝臓で成分が代謝されるため、もともと肝臓の機能が弱っている方には大きな負担がかかってしまうことがあるということです。

 

このため、肝機能障害のある方が服用した場合の安全性は保証できず、実際、プロペシアの服用を続けて薬剤性肝炎のような症状が現れた方もいるということです。

 

症状としては、黄疸が出る、倦怠感や発熱、発疹、食欲不振などが現れます。このような場合は、すぐに服用を中止して、医師の診断を受けてください。

 

 

 次の記事「プロペシアを服用する際の注意点」

プロペシアの副作用|このような場合は服用を中止しましょう関連ページ

プロペシアを服用する際の注意点
プロペシアの副作用について
プロペシアの主な副作用
プロペシアの副作用について