プロペシアの買い方

プロペシアは、厚生省が認可した男性型脱毛症の治療薬ですから、専門に診てくれる皮膚科や発毛治療専門クリニック等では標準治療薬として出してくれるところが多いようです。

 

ドラッグストアでは購入できません。尚、脱毛治療は自由診療の扱いになるため、保険は適用されません。

 

そのため、初診でいく場合、診察料や検査費用、処方箋代、薬代などは100%自己負担になります。

 

また、場合によってはもうひとつの脱毛症治療薬であるミノキシジルとの併用を薦められることもあるようです。

 

また、一度診察を受ければいいというものではなく、その後も経過観察ということで、通院も必要になってきます。仕事を持ちながら通院するということは、サラリーマンにとってなかなか大変なことですね。

 

また、遠方から行く場合は往復の交通費もかかります。そして気になるプロペシアの値段ですが、国内の病院で流通しているものはすべてモノは同じです。

 

値段は一錠あたり250円が相場です。一日一錠が基本用量ですから、一日250円という計算になりますね。これが一か月分処方されます。

 

トータルで計算すると、病院で処方を受ける場合、薬代が7500円としてこれに診察料等が数千円と考えて、毎月約1万5千円前後というところでしょうか。決して安いとはいえませんね。

 

しかも、服用をやめれば元に戻りますから継続して通院する必要があります。

 

さて、プロペシアを購入するにはもうひとつの方法があります。

 

それは、個人輸入する方法です。

 

本人が全て手続きを行う場合と、代行業者に頼む場合を選択できます。本人が直接輸入手続きを行うには、相応の語学力と経験がないと難しく、あまりおすすめはできません。

 

それよりは、信頼できる個人輸入代行業者に頼んだほうが確実に手に入ります。男性型脱毛症の悩みを抱える方にとっては、輸入経由で購入するメリットはいくつも出てくることでしょう。

 

まず、人に知られることなく商品を手に入れることができるという点です。そしてもうひとつ、病院で処方箋をもらい、さらに通院でかかる費用を大幅に抑えることができるということです。

 

さらに、プロペシアそのものの値段も、国外品の場合は安価になっています。ただ、個人輸入で購入する場合は、気をつけなければならないことがあります。

 

それは、男性型脱毛症以外の方には効果がみられないということです。ですから、専門病院で診察を受けた場合は男性型脱毛症か検査をしてからプロペシアが処方されますが、輸入代行業者を頼る場合は、男性型脱毛症なのかを自分できちんと見極めたうえで購入する必要があります。

 

あとは、体調が思わしくない場合や副作用を感じた場合はすぐに服用を中止することも大切です。

 

プロペシアの副作用については、先ほどもお話したように頻度も少なく、万一おこっても服用をやめれば元の体調に戻りますが、そういったことも含めてあくまでも自己責任のもとで購入するのが原則です。なお、この副作用が出た場合の対処法ですが、病院に通院している方の場合であってもやはり同様に、服用を止めることで体調の回復を図るという方法がとられていますから、その点については個人輸入だからといって大きなリスクを負うというものではありません。

 

 

 次の記事:「プロペシアが開発された経緯」

偽物にご注意!管理人はここでプロペシアを購入しています

 

プロペシアに限らず、海外の医薬品を個人輸入する際には、偽物に注意する必要があります。

他に比べて価格が安いものや、日本語の表記があるものは避けた方が無難と言えます。

当サイトでは、個人輸入代行業者の大手で、信頼のおけるオオサカ堂での購入をオススメしています。

このプロペシアは、アメリカ向けに製造されたプロペシアで、成分検査なども定期的に実施されているので安心です。

 

 プロペシアの購入はこちらから

プロペシアの買い方関連ページ

プロペシアとは
プロペシアとはそもそも何なのかをご紹介します
プロペシアが開発された経緯
プロペシアはどうして開発されたのか?その経緯をご紹介します
プロペシアとミノキシジル
プロペシアとミノキシジルについてご紹介します
プロペシアのニセモノにはご注意を
プロペシアを購入する際はニセモノにご注意ください