偽者にはご注意を

プロペシアを個人輸入業者から購入する場合、よく心配されるのが偽物をつかまされるのではという事ですよね。

 

もしくは、何かトラブルに巻き込まれるのでは?という不安です。そのため、購入をためらっている方もいることでしょう。

 

ご安心下さい。きちんとした業者から購入する分には、全くそのようなことはありません。でも、万が一悪徳な業者にあたってしまったら?そうならないためにも、輸入品のプロペシアについて今一度お話してみたいと思います。

 

まず、プロペシアのメーカーはただひとつ、アメリカ大手製薬会社のメルク社だけです。このメーカーのものが世界各国で製造されています。

 

そのため、その国によってパッケージも錠剤の見た目も違います。国内においては、製造権を持っているのが万有製薬社だけなので、一社のみの製造品が出回っているということになります。

 

よく誤解されがちなのが、輸入品は全部にせものあるいはジェネリック品なのではないかということですが、それは違います。

 

製造権を持っている国ごとにプロペシアが存在するわけで、メーカーは同じメルク社です。当然、含まれている成分も一緒ですから、純正品のプロペシアに間違いはありません。

 

そもそも、プロペシアの特許がまだ切れていないので、ジェネリック品が出回ることもあり得ません。ただし、国の法律によりインドでは医薬品の特許というものがないため、独自にプロペシアと同じ成分を持った薬を製造しても違法にはなりません。

 

そのため、フィンペシアという薬が存在します。同じ成分を持っているという点ではジェネリック医薬品ともいえそうですが、正式に認められたものではないため、値段は確かに安いのですが、副作用などのリスクを考えてもあまりおすすめできるものではありません。

 

安全を第一に考えるのであれば、やはり純正のプロペシアが一番です。

 

さて、各国で製造されているプロペシアですが、人気があるゆえに偽物も当然出回っています。

 

どの国のものが安心かというのは、一概にはいえません。また、値段で見極めることも困難です。

 

個人輸入代行業者の場合、価格がそれぞれ違うのは、流通にかかるコストの関係だったりそもそもの販売価格が違っていたりと様々な理由があるからです。

 

でも、あまりにも値段が安すぎるものは、疑ってかかったほうがよいでしょう。よくありがちなトラブルの例としては、代金を振り込んでも一向に商品が届かないことです。

 

個人輸入の場合は先払いのところが多いですから、きちんとした業者からの購入が無難です。

 

また、クレジットカードの番号なども安易に教えないことが肝心です。また、純正のプロペシアは、フィナステリドが主成分ですが、中身を他のものに変えて販売されている例もあります。

 

服用を続けても効果がないばかりか、思ってもみなかったような副作用が出たり、薬害被害にまで発展したケースもあります。

 

実際、本物かどうかを見た目で見分けることは不可能です。

 

また、パッケージが違うとか、色や形状が違うから即偽物だというわけではありません。外国で製造されたものは、それぞれの国によってパッケージや錠剤のコーティングの色や形は違いますが、成分はどれも一緒です。

 

ですから、効き目はどれも全て同じです。では、本物のプロペシアを個人輸入代行で購入するためには、どんな点に気をつけたらよいのでしょうか。

 

まず、インターネットで購入する場合、そのストアを経営しているところがきちんとした法人であるかどうかがポイントです。メールアドレスや電話番号しか載せていないところは、怪しいと思ってください。

 

何か連絡を取りたいときにきちんと対応してもらえるところがしっかりと明記してあり、扱っている商品が豊富であること、そしてプロペシアに関しては、できれば調査会社による成分分析表がきちんと載せてあるところだと安心です。

偽物にご注意!管理人はここでプロペシアを購入しています

 

プロペシアに限らず、海外の医薬品を個人輸入する際には、偽物に注意する必要があります。

他に比べて価格が安いものや、日本語の表記があるものは避けた方が無難と言えます。

当サイトでは、個人輸入代行業者の大手で、信頼のおけるオオサカ堂での購入をオススメしています。

このプロペシアは、アメリカ向けに製造されたプロペシアで、成分検査なども定期的に実施されているので安心です。

 

 プロペシアの購入はこちらから

プロペシアのニセモノにはご注意を関連ページ

プロペシアとは
プロペシアとはそもそも何なのかをご紹介します
プロペシアの買い方
プロペシアの入手方法をご紹介します
プロペシアが開発された経緯
プロペシアはどうして開発されたのか?その経緯をご紹介します
プロペシアとミノキシジル
プロペシアとミノキシジルについてご紹介します