プロペシアとミノキシジル

男性型脱毛症は、誰でもかかる可能性のあるものであり、その確率は成人男性の3人に1人といわれています。

 

しかし、治療または何らかの改善を求めることを放棄してしまい、諦めてしまっている方も多いようです。

 

あるいは、ドラッグストアでいわゆる「医薬部外品」にあたる育毛剤を購入している方も多く見受けられます。

 

もちろん、その育毛剤によって改善できるのであれば続けてみるのが一番です。

 

でも、ほとんどの方は効果がみられないと他のものを試したりということを繰り返しているうちに、悪化の一途をたどっているのではないでしょうか。

 

国内で育毛剤の医薬品に該当する商品は、「プロペシア」ともうひとつ「ミノキシジル」だけです。

 

ミノキシジルは、もともと血管を拡張させる薬として開発されたものですが、副作用で多毛症という腹部や顔面部、胴体、手足などの毛が異常に多くなる現象がなどが報告されるようになり、それをきっかけに研究が進み、最終的に脱毛治療薬として開発されたものです。

 

しかし、現在でもなぜ脱毛症に効果があるのかは未解明です。

 

また、男性型脱毛症でも、頭頂部の脱毛を食い止める効果はあるようですが、ひたいの生え際には効果がみられません。

 

 

 次の記事:「プロペシアの偽物にはご注意」

プロペシアとミノキシジル関連ページ

プロペシアとは
プロペシアとはそもそも何なのかをご紹介します
プロペシアの買い方
プロペシアの入手方法をご紹介します
プロペシアが開発された経緯
プロペシアはどうして開発されたのか?その経緯をご紹介します
プロペシアのニセモノにはご注意を
プロペシアを購入する際はニセモノにご注意ください