AGAに効果のあるプロペシア

プロペシア」は、この5a−リダクターゼの量を抑制することで、男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に変化しないように働きかける薬です。

 

ですから、男性型脱毛症以外には効果を発揮しません。

 

ところで、この5a−リダクターゼを抑制するのはいいけれど、それによって何か不都合なことは起こらないかと不安になる方もいるでしょう。

 

その点について少しお話ししてみましょう。 5a−リダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結合すると、ジヒドロステロンなります。

 

思春期以降の男性の場合は、ひげや体毛を濃くする働きがあり、ニキビの原因にもなります。

 

5aリダクターゼを抑制することで結果的にジヒドロステロンの量を抑えることになりますから、こういった成人男性特有のひげや体毛がもともと濃い方は、若干薄くなったかなというぐらいの変化は見られるかもしれません。

 

でも、影響としてはそのぐらいのものですから大きな不都合は起こらないと考えてもよいでしょう。

 

尚、女性にも男性ホルモンは存在します。生まれたときにすでに男性ホルモンももっているのですが、同時に女性ホルモンも持ち合わせています。

 

成長と共に女性ホルモンの分泌量が増えることで、男性ホルモンの影響はみられなくなります。

 

そして、閉経を迎えることになると女性ホルモンの分泌がへってきます。そうなると今度は男性ホルモンの影響を受けるようになり、人によっては男性型脱毛症の症状がみられるようになります。

 

 

 次の記事:「プロペシアの用量」

AGAに効果のあるプロペシア関連ページ

男性型脱毛症(AGA)について【プロペシアの効果】
プロペシアの効果「男性型脱毛症(AGA)」について詳しくご紹介します
プロペシアの用量
プロペシアの効果「プロペシアの用量」について詳しくご紹介します
プロペシアは初期症状に最も効果的
プロペシアの効果について詳しくご紹介します