男性型脱毛症(AGA)について

プロペシアは、なぜ男性型脱毛症に効くのでしょうか? それについては、まず男性型脱毛症についてお話しなければなりません。

 

男性型脱毛症(AGA)は、中年を過ぎた男性にみられる症状です。一度発症したら最後、何もしないでいるとこの男性型脱毛症は確実に進行していきます。

 

残念ながら自然に治ることはありません。また、子供にはこういった症状はみられません。男の子でもそうです。

 

なぜかというと、男性型脱毛症は、大人になった男性に働きかける男性ホルモンに影響を受けているからです。

 

主な症状としては、おでこの生え際部分がだんだんと後退してきたり、頭のてっぺん部分の毛髪が薄くなってきて地肌が見えるようになってきたりします。

 

個人差はありますが毛髪量が少なくなってくる部分には男性型脱毛症の共通点がみられます。

 

さて、この男性型脱毛症になる原因ですが、よく遺伝から来るといわれますが、全てそうとはいいきれません。母方の父親がこの男性型脱毛症の症状が出ていると、その遺伝を受け継ぐことがあるという研究結果はありますが、根本的な原因究明までには至っていません。

 

わかっているのは男性ホルモンが関係しているということです。「ジヒドロテストステロン」が血液内にたくさん流れている人ほど男性型脱毛症になりやすいといわれています。

 

この「ジヒドロテストステロン」(DHT)は、男性ホルモン「テストステロン」が、 5a−リダクターゼによって変換したもので、より強力なパワーを与えられています。

 

それによって作られたDHTが頭皮の特定の部分に働くと、脱毛してくるのです。

 

特定の部分というのは、男性型脱毛症の特徴である頭頂部やひたいの生え際付近です。この部分には、男性ホルモンの受容体が多くあります。

 

ここまで読み進めていただくとおわかりのように、男性型脱毛症は、男性ホルモンを持つ人なら誰でもかかる可能性があるということなのです。

 

でも、5a−リダクターゼの量というものはその人によって大きく違い、それによって受ける影響も違ってきますから、この5a−リダクターゼが男性型脱毛症の大きなカギを握っているといってもよいでしょう。

 

 

 次の記事:「AGAに効果のあるプロペシア」

男性型脱毛症(AGA)について【プロペシアの効果】関連ページ

AGAに効果のあるプロペシア
プロペシアの効果「AGAに効果のあるプロペシア」について詳しくご紹介します
プロペシアの用量
プロペシアの効果「プロペシアの用量」について詳しくご紹介します
プロペシアは初期症状に最も効果的
プロペシアの効果について詳しくご紹介します